ゆる勉資格体験記のサイトマップ

ゆる勉資格体験記の運営者について

りったん

名前:りったん

大阪市在住。1978年生まれ。

職業:会社員(WEBデザイン、チラシ、ポスター作成等雑用)、元経理事務

ホームページを作ったり、イラストを描くのが大好き!
商品紹介やサービス紹介のマンガも描いています。
これまで取った資格は大体役立てています。



ゆる勉資格難易度早見表

※()内が資格偏差値です。40台:簡単 50台普通
※資格偏差値は資格の価値ではなく、難易度の指針です。詳しくはこちらを御覧ください。
※年月は筆者が取得した年月です(筆者の備忘録)。

1998年10月頃 TOEIC スコア670点(55

2006年5月頃 初級システムアドミニストレーター50 ※廃止された資格)

2006年7月頃 Illustratorクリエイター能力認定試験1級45

2006年10月頃 日商簿記検定2級53

2007年2月頃 会計ソフト実務能力試験1級51 ※廃止された資格)

2007年4月頃 Photoshopクリエイター能力認定試験1級45

2007年7月頃 Webクリエイター能力認定試験上級42

2007年10月頃 税務会計能力検定試験1級(法人税)51

2008年2月頃 税務会計能力検定試験1級(所得税)51

2011年12月頃 AFT主催 色彩検定1級 54

2014年1月頃 第二種電気工事士48

2015年2月頃 秘書技能検定準1級51

これまで取得した資格の偏差値(あくまで目安・独断偏見アリ)は大体50付近。
どれも難関資格ではなく、手軽に取得できて努力しただけ報われる資格です。
また、通信講座を受けたり、資格学校に行く必要もなく、市販の書籍で独学で無理なく取れます。
WEB・デザイン系資格、経理用資格は、会社員だけでなく、自宅で自営業・自由業される場合にも役立ちます。



りったんのイチオシ資格

おすすめ図書

直近の合格資格は、秘書検定準1級。
面接があるからといってこれまであきらめていましたが、右の書籍に出会い、自分にもできそうと思い挑戦し、合格しました。

秘書検定準1級は受験する人の8割近くが学生さんたち。
私は彼女たちよりおそらく10歳以上年上(T▽T)
でも気にせず堂々と挑戦してきました!

手応えがあったし、アドバイスシートも評価がよかったので合格していると思っていましたが、合格待ち状態はドキドキでした。

秘書検定は仕事だけでなく、人生そのものに役立ちます。
引き続き勉強したいくらいイチオシの資格なのです。

面接前日は、こんなの申し込むんじゃなかったと弱気になったものですが、過ぎてみれば、意外と自分イケてたかも?と思う始末(ゲンキンな性格です)。
良くも悪くも私は懲りない性格のようです(^▽^;)

私にとって秘書検定のテキストはバイブル。
ずっと手元に置いておきたい永久保存モノです。


次のターゲット

次のターゲットは秘書検定1級に進もうと思っていたのですが、ひょんなことからTOEICに迷い込んでしまいました。

英語は大学生以来で、もう12年もたっているので忘れていたかと思ったのですが、意外と覚えている様子。

大学3年でTOEICのスコアは670で終わってしまったのですが、勉強法が身についた今、もう一度挑戦してみようと思います。

と言っても、何かに役立てる予定はありません。

※このサイトは広告収入によって運営をしております。


↑ PAGE TOP