在宅ワークも一つの手

在宅ワークもひとつの手

希望

面接のコツは色々とありますが、それでもやっぱり100社も受けたけど受からない!っていう人もいると思います。

そのような人は、しっかり勉強していっても、面接のどこかで「珍解答」やら「独特の雰囲気」、「独特の動作」をしています。

まだ気力が残っていれば、リクナビNEXTの転職エージェントに会って、アドバイスをしてもらい、自分に適した職を紹介してもらうという方法もあります。※一度登録しておくと、エージェントさんからオファーや面談のお誘いが来ますが、参加は自由です。

また、面接で受かったとしても、社内の人間関係などで、凄まじいストレスに見舞われ退職に追いやられることもあります。さらに、ブラック企業と言われるものが全体の7割以上を占めているという声もあります。

会社勤めがどうしても向かない人って、少数ながらいるんですよね。
私もその1人だからお気持ちがよく分かります。

そこでもう一つの道として在宅ワークを紹介致します。


在宅ワークを始める心構え

在宅ワークというものは、企業の力もなし、企業のブランドもなし。
自力で一から始めていかなければなりません
だから最初から収入があるなんてことはありません
でも自分でコツコツ育てていくものだから、収入がどこまで伸びるかは無限大

このサイトの資格のようにコツコツと努力を重ねていけば、ある程度の収入を見込めるようになります。※ただ、努力だけでは不十分なものもあります。

初めは低収入でも、長期間あきらめずにコツコツと頑張れば、生活費くらいは稼げるようになる可能性もあるのです。コツコツ勉強して資格に受かるのと似ていますね。



在宅ワークに便利な資格

また、このサイトの資格(一部不要)を取っておけば、必ずと言っていいほど、在宅ワークに必要なスキルを身に着けることができます。

私はサイト運営を生業にしております。日々の仕事に役立てている主な資格は、IllustratorクリエイターPhotoshopクリエイターWEBクリエイターです。

そして確定申告に便利なのが、経理系資格。特に日商簿記2級は取っておいてよかったと思います。在宅ワークをやろうと思って集めたわけではないのですが、ちょうどよくはまっちゃいました。元々は会社で役立てていたのですが、在宅ワークにもいいようです。

なお、入力作業がお好きな方はMOSやMOT、またはサーティファイのエクセル、ワードがおススメです。

就職試験で有利なのはMOSやMOTですが、在宅ワークをされたい場合は本当の実力が付くサーティファイの方をおススメします。

また、最近は便利がよく、ネット上で登録しておけば、すぐに仕事ができるシステムがあります。入力が得意な方はシュフティなどに登録しておくとよいでしょう。
ただ、報酬が安いというデメリットがあります。


治験を利用する

完全在宅というわけにはいきませんが、新しい治療法や新薬のモニターになって謝礼金を得る「治験」というものがあります。

病院に入院したり、通院して、新しい治療法や新薬などを試します。
時間を拘束されるので「負担軽減額」という名目で謝礼金があります。
中には10万近く、10万円以上の謝礼金が出ることもある様子。

また無料で健康診断できたり、にきびなどのお悩みがあれば、新しい治療法を試せるチャンスとなります。

健康保険証を保有し、BMIが18.5~24.5と標準体型の方のニーズが多いのですが、肥満解消のモニターなどもあるようです。

主に東京で行われることが多いですが、最近は大阪や福岡、九州などでも行われることも増えてきました。

ただ、残念なのが、入院など高額の案件は男性用が多いこと。
女性のものはないことはないのですが、やはり高額の治験は男性が有利です。
女性は手軽にできる美容系案件がお勧めです。

なお、治験に登録しておくと、その人にぴったりな案件があると、電話連絡があります。
保険証なしでも参加できるモニターなどもあります。



サイトを運営する

やった~

数ある在宅ワークの中で、一番私に合っていたのは、サイトやブログに記事を自由にかけるアフィリエイターというものでした。

このサイトのあちこちにも広告が貼ってあり、あの広告で収入を得ています。

直観的で自由奔放な私には、入力作業よりサイトやブログが合っている様子。

ただ、アフィリエイトは、コツはあるものの、必ずその通りにすれば収益が上がるというものではありません。ニーズがあって競合が少ないキーワードを選ぶのが鉄則だとアフィリエイト関連のノウハウサイトではよく言われていますが、それがピッタリ当てはまるとも限りません。
書く人によって、キーワードとの相性もあり、サイトやブログの運営期間も影響してきます。


まずはサイトとブログを用意

アフィリエイト(広告収入)をしようと思ったらまず、サイトを持ち、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録する必要があります。

サイトを作るには、何でもいいので、自分の得意分野や好きなこと、ハマっていることをトコトン書きましょう。役に立つこと、面白いことだったら自然と人が集まってきます。

そこへ、関連した広告を盛り込めばよいのです。
できれば商品のレビューや使った感想などよいかと思います。

なお、ブログでもOKなのですが、長い目で見て独自ドメインでの運営をおススメします。 最初のアクセス数は無料ブログが優勢ですが、独自ドメインで運営しているブログが後から追い上げてきます。

運営した感じでは、収益はこんな感じです。
サイト(独自ドメイン) > 独自ドメインのブログ >>> 無料ブログ
無料ブログからの収益はほとんどなく、リンクを張ってサイトへ引っ張ってくるという方法をとっています。


初心者におススメなASPその1

初心者でアフィリエイトを始める方には、まずは「A8.net」をおススメします。このサイトに登録しておけばいつでもアフィリエイトを始められますし、自己アフィリやセルフバック案件が充実しています。

オススメポイント1:楽天やアマゾン(amazon)の商品を紹介できる。
皆さま、楽天やアマゾンで物を買うことが多いかと思います。
その楽天やアマゾンで買ったものを、A8とサイトを通して、レビューや感想、使い心地などを書くことができます。楽天やアマゾンの収益率は低いのですが、そのお客様は多く、信用性もあることから、まずは楽天やアマゾンの広告から入られるとよいでしょう。
成約数が増えてきたらアマゾン・アソシエイトの併用もアリです。

なお、右上のバナーには「初心者にも楽しんで稼げる!」と書いてありますが、最初はサイトが検索ロボットに評価されていないので、収入はゼロに等しい。
また、記事数、文字数、多く重ねていかないと収入になりません。
しかし、オススメポイント2の使い方をすると、最初から収益が上がります。

オススメポイント2:自己アフィリとセルフバック
ただし、自己アフィリを利用すると、最初から収益を得ることができます。
口座開設やカード発行、保険の資料請求などが収益率が高いです。
特にFX等の口座開設は10,000円~20,000円とかなり高額で、お得感があります。FXは恐れられていますが、一度買ってすぐ決済すれば損失は大きくなりません。逆に利益となることもあります。私は自己アフィリだけで終わらず、DMMやSBI FX等で資金を運用していますが、今のところ収益が得られています(詳しくは下のFXを御覧ください)。

また、化粧品や食料品でも、セルフバックを利用すれば、キャッシュバック率100%以上の案件もあるので、セルフバックは再々チェックされるとよいでしょう。たまにあるのですが、3,000円の商品を買って3,500円がバックされる案件は、500円の収益となります。
何をアフィリエイトしていいか分からない人は、こういったキャッシュバック率100%以上の案件を選び、自分でためしてみるとよいでしょう。セルフバック商品の中で自分が気に入ったものの体験談を書くとよいでしょう。


初心者にオススメなクリック報酬型広告

ホームページのアクセス数が増えてきたら、クリック報酬型広告を導入するとよいでしょう。
クリック報酬型広告は、成果報酬と違って、クリックされただけ報酬になります。
単価は低いですが、アクセス数の多いサイトなどでは、小さな単価が積み重なり多くの収入が見込めます。

下記は、nendというスマホサイト向けクリック型広告。
無料で登録でき、気軽に掲載できるので、サイトをお持ちの方は登録しておいて損はないでしょう。ただ、ア○セ○スよりクリック単価は低いです。


FX口座を利用する

口座開設や取引でのキャッシュバック。口座開設だけでも1万円が。

FXや株は一般的に恐いと言われています。
しかし、運用方法によっては非常に嬉しい効果が得られます。

ただし、FXで収益を出すなら勉強は必要です。
と言ってもそう難しいことではありません。

1.余裕資金で行うこと(初心者は全預金高の10%程度)
2.口座に余分に資金を入れておくこと(強制ロスカット防止)
3.ロット数もしくは通貨数を少なくすること
(1000通貨単位が基本、ポジションは3~5つまで)

私はこの3つは最低限守りながら、運営し少しずつでも収益を上げています。

DMMとSBI FXをメインに使っているのですが、DMMは一目均衡表などのテクニカル分析も充実していて、画面が見やすいのも特長です。また、南アフリカランド等の高金利通貨のサヤ取りにもよく使われる口座であります。

SBI FXは、1000通貨単位でできるし、スプレッドも狭いので、デイトレ、スキャルピングに便利です。

ただ、FXはリスクが高いことには変わりないので、FXは最低限にしておいた方がよいでしょう。

↑ PAGE TOP